女性もオーガズムに達しましょう

セックスの本番で女性を満足させるのは難しいものです

オナニーは自分1人でエッチなものを見ながらの性器の刺激で快感を楽しむものですが、セックスは相手がいるもの。
オナニーのオカズと違って目の前に女性が裸でいて、触ったり舐めたり抱きしめたり出来ます。オナニーではペニスを刺激するのは自分ですが、セックスでそれをやるのはその性欲の対象である相手の女性。
セックスはオナニーよりも興奮しますし、それだけにオナニーよりも気持ち良い。

 

しかし相手の女性だってそれは同じです。あなたがパートナーとのセックスで気持ちよくなりたいのと同じように、パートナーだってあなたとのセックスで気持ちよくなりたい。

 

セックスにおいてペニスを膣内に挿入してのピストンは間違いなくクライマックスです。互いの大事な部分同士が擦れあって共に快感を得る。
男性は簡単にオーガズムに達して射精しますが、女性はこの本番でオーガズムに達するのは簡単ではありません。
男性だけが本番で気持ちよく射精に達してセックスが終わり、女性は消化不良で不満。こんな状況になりがちです。

膣イキに達する為に考える事

男性だって自分だけが満足するのは申し訳ないですし、パートナーにも本番で気持ちよくなって欲しい。(あるいは本番で気持ちよくなって乱れるパートナーの姿を見たいという気持ちもあるでしょう)

 

パートナーの女性もセックスの本番で満足してもらうために、男性が考える方法は2つあるでしょう。

 

1つは早漏の改善を行う事
女性がオーガズムに達するまでに男性が射精に達してしまわないようにしようという事です。

 

もう一つは女性の快感の高まりを早くしようとする事
つまりは女性がオーガズムに達するまでを早められないかと試みるわけです。

 

 

後者の方法について、男性が勘違いをしがちな事があります。

 

それは

 

激しく刺激をすれば女性は快感を感じ、やさしい刺激よりも早くイク

 

というもの。

 

これは間違いなのです。

男性のペニスの快感と女性の膣内の快感は違う

男性のペニスは激しく刺激をした方が快感の高まりは早く、すぐに射精に達します。
これはセックスを経験する前から男性はオナニーを何度もする内に分かっています。このために女性の膣も同じだと考えてしまいがちです。

 

しかし女性の膣内はそんな単純な事でオーガズムに達する事が出来るわけではありません。
参考記事:膣開発法.biz

 

指で膣内に激しい刺激をしても女性はただ痛かったりするだけです。
また同じように、ペニスを挿入してのピストンを激しく行っても女性がオーガズムに達するまでの時間が短くなるわけでもありません。激しいピストンの刺激で男性のペニスの方ばかりが快感の高まりが早くなり、先に射精してしまう事態に拍車が掛かります。

ナカイキするためには

膣の開発を行ったり、Gスポットやポルチオを刺激する方法について学んで習得してください。

 

どの方法もやはり、激しい刺激をすれば良いというものではありません。
男性のペニスのように単純ではないという事を理解しましょう。

 

page top